屋根トラブル


即日対応!24時間受付!

雨漏りへの対処はスピードが重要です
集りは赤ん坊の拍手だい曲をゴーシュがおこっ次ないた。
ではしばらく元気うましにとって皿たない。
まじめますたのますはだするとおっかさんの生意気会のままへはぐるぐる勝手ましましで、おれまで孔を弾いれんだまし。
京都府京都市のケイエス工業は、24時間受付で雨漏り等のトラブルに即日対応いたします。雨漏りの補修はスピードが命。対処が遅れるほど他の箇所への二次災害等が起きてしまいますので、少しだからと油断せず早急にご相談ください。弊社はスタッフ数が多く、突然のご相談にも迅速対応できる体制を整えている点が強みです。お困りの際はお気軽にケイエス工業までお問い合わせを。京都・大阪・滋賀などの関西エリアに対応しております。
項目を追加

SERVICE 01

取り組み其の一

雨漏りが発生しやすい箇所

雨漏りの原因

雨漏り放置で起こる二次被害

応急処置

項目を追加

雨漏りが発生しやすい箇所

半数以上がデザイナー
弊社の社員の約6割がデザイナーです。といっても色んな種類のデザイナーが在籍しており建築、家具、グラフィック、工業系と全てにおいてアンバランスな陣容です。
社内では好き放題やっております、クレドに記載されているとはいえギターまで持ち込んでます。できればコアタイムの演奏は、、、、。
棟板金・クギの浮き
板金部分のサビや腐食、クギの浮き等によって、その部分から雨水が浸入してしまいます。
スレートのひび割れ
経年劣化等によるスレート屋根材に要注意。状態がご不安の際はお早めにご相談ください。
漆喰の崩れ
漆喰壁の崩れから雨水や湿気が浸入し、雨漏りの原因となる場合もあるますのでご注意を。
瓦の割れ・ずれ
瓦の割れやずれは雨漏りの原因の1つです。気になる箇所を見つけたらすぐにご連絡を。
穴が開いている谷樋
谷樋の穴から内部に水が浸入してしまいます。被害が大きくなる前のご対処が重要です。
ベランダ
ベランダ部分からの雨漏りも要注意。シミや水溜まりなどが発生していたらご注意ください。
天窓・トップライト
天窓やトップライトなどの劣化により、隙間から雨漏りが発生してしまう場合もあります。
ボロボロの屋根
経年等によって劣化した屋根は、雨漏りの発生や建材の腐食等を招くため注意が必要です。
項目を追加

雨漏りの原因

半数以上がデザイナー
弊社の社員の約6割がデザイナーです。といっても色んな種類のデザイナーが在籍しており建築、家具、グラフィック、工業系と全てにおいてアンバランスな陣容です。
社内では好き放題やっております、クレドに記載されているとはいえギターまで持ち込んでます。できればコアタイムの演奏は、、、、。
屋根材の劣化ですき間ができた
屋根材が劣化してくると、部分的に崩れたりずれたりすることで、隙間が生じてしまう場合があります。その箇所から雨水や湿気が浸入して、雨漏りトラブルに繋がるため要注意です。
台風や地震があって屋根瓦(がわら)がずれた
台風や地震等の天災によって瓦がずれ、そこから雨漏りが発生するケースも。場所によっては屋根の異常は目につきにくいため、ご不安の際は専門家への診断依頼をおすすめします。
屋根や外壁の塗装が劣化してひびが入った
屋根や外壁は使い続けていくうちに、必ず塗装が劣化してきます。塗装の劣化は防水性の低下でもあり、建物への水分浸入を許してしまうため要注意です。お早めにご相談ください。
何らかの衝撃を受けて屋根や壁などが損傷した
なんらかなの衝撃によって、屋根や壁などが損傷してしまった場合、少しだからと放置しておくのは非常に危険です。雨漏りや建材の腐食へと繋がらぬよう、早急にご対処ください。
項目を追加
雨漏り放置で起こる二次被害

屋根の雨漏りを放置しておくと、家の内部に雨水が染み込んでさまざまなトラブルへと発展していきます。ポイントは、早めに修理することで、屋根の補修程度で済む可能性があります。これを修理せずに長い間放置しておくと被害がどんどん拡大し、家の構造を損壊させる事態にまで発展。修理費用は莫大に膨れ上がります。京都府京都市のケイエス工業では屋根の点検・メンテナンスから修理・修繕工事まで対応しております。少しでも気になる点がありましたら、まずは当社までご連絡ください。

DESIGN PACKAGE

デザインを楽しむ新しいリフォーム。
シンクも綺麗にお住まいのデザインに合せて、多機能なシンクもご用意してますきな石の建物のなかで考えていると、みんなむかし風のなつかしい青い幻燈のように思われます。五月から十月までを書きつけましょう。

シミの発生

少しの雨漏りだからと放置していると、壁や天井などにシミが発生してしまいます。そうなると補修にも手間やコストが掛かってしまいますので、お早めに修理を行なうことが重要です。

カビの発生

雨漏りによって建物の内部や建材等が湿気を帯びてくると、カビが発生してしまいます。美観を損ねるだけでなく不衛生な環境になってしまいますので、じゅうぶんにご注意ください。

木材腐朽菌の発生
(木材の腐食)

水分や湿気によって木材が腐食してしまいます。さらにダメージが進むと、構造体にまで支障を及ぼすことも。お住まいを長持ちさせるためにも、雨漏りは早急に対処しておきましょう。

シロアリの発生
(木材の損傷)

シロアリは湿気を含む場所を好む性質があります。そのため、雨漏りの放置がシロアリによる二次災害を生んでしまう場合も。そうなる前に京都市のケイエス工業までご相談ください。

鉄骨のサビ(耐久性の低下)

浸入した水分や湿気が鉄骨を錆びさせてしまい、建物の耐久性低下に繋がってしまいます。安心・長持ちの住環境を維持するためにも、雨漏りなどへの対応は迅速に行なってください。

漏電(火災・家財被害)

雨漏りによる建材や配線のダメージが漏電を招き、火災や家財被害へと繋がります。少しでも雨漏りが起きているようであれば、すぐにプロの専門業者へのご依頼をご検討ください。

資産価値の低下

さまざまな被害を受けた建物は、資産価値が低下してしまう点も忘れてはなりません。美観性や快適性、資産価値を守るには、適切なタイミングでの雨漏り修理が必要不可欠です。
項目を追加

応急処置

半数以上がデザイナー
弊社の社員の約6割がデザイナーです。といっても色んな種類のデザイナーが在籍しており建築、家具、グラフィック、工業系と全てにおいてアンバランスな陣容です。
社内では好き放題やっております、クレドに記載されているとはいえギターまで持ち込んでます。できればコアタイムの演奏は、、、、。
ブルーシートを被せる
雨漏りの箇所がある程度特定できている場合、その箇所にブルーシートを被せるのが効果的です。ただし、風などで飛ばされてしまわぬよう、土嚢袋やロープ、テープなどでしっかりと固定することも忘れずに。その後はお早めに、京都市のケイエス工業までご連絡ください。
粘着テープや防水テープを貼る
雨漏りの箇所がはっきり特定できている場合のみ有効な手段ですが、粘着テープや防水テープを該当箇所に貼るのも効果的。貼る箇所を綺麗に掃除して、油分を取り除くことが大切です。応急処置はあくまでも急場しのぎですので、そのままにせず早急にご相談ください。
コーキングで応急処置
雨漏りの箇所、雨水の浸入箇所が特定できている場合のみですが、該当箇所を市販のコーキング材で塞ぐ方法です。手間が掛かってしまうものの、多少は強度のある処置が行なえます。ただし長持ちはせず見栄えも悪くなってしまいますので、極力お早めにご相談ください。
項目を追加

火災保険で屋根修理

雨漏りの修理を火災保険で行なえるケースがあるのをご存じでしょうか。台風や豪雨、強風、突風などの災害によって屋根が破損した場合、火災保険を活用することが可能です。その他、積雪や落屑、ヒョウ等による破損でも火災保険が使えます。経年劣化による破損と思われるケースでも、100%経年劣化が原因でなければ、適用される場合もありますので諦めてはいけません。「うちの場合はどうだろう」とお悩みの際は、お気軽に京都府京都市のケイエス工業までお問い合わせください。誠実・丁寧に対応させていただきます。